忍者ブログ
ご訪問ありがとうございます。 今年のノルマは月5回更新です。
[205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちわ~~。

夏も終わり行く感じですが、まだ暑いですね。

昨日なんかプールはいれそうな感じでした。



我が家の夏休みはどうだったかといいますと、まずお盆まではひたすら、それぞれの仕事に明け暮れました(子供は保育園が会社)。

保育園は幼稚園と違って、夏休みが一週間くらいしかありません。
しかもその一週間ですら、土日以外はみてもらえます。
自由保育ってやつで、お盆とかも仕事のお母さんのための保育なので、人数もいつもの1割くらい。
基本、保育園に行く子は、両親とも仕事をしてるものですが
仕事といっても内職だったり、自営業だったり、書類だけだったり、8時5時のフルタイムで働くお母さんはやっぱり少ないみたいです。
フルタイムで働いて小さい子供を迎えに行って、夕飯を作って風呂に入れて・・・って、考えただけでも、ほんとに大変だと思います。でもやっているお母さんには頭が下がる。

で、私は比較的気楽なパートタイマーのはずなんですが、この自由保育中、ビッシリ出勤の予定でした。
(もっと早くなら断れたかもしれん・・・)
自由保育、預けたことはないわけじゃないけど、こんなお盆のさなかまでなんて初めて。
ふうもさすがに嫌がるだろうなあ・・・と思って、「お休み中も、保育園行くからね」となかなか言い出せずじまいで休みを迎えました。


9041.jpg



















ううっ。

胸が痛い。




結局ギリギリで「明日保育園だから!」との発表に、ふうは涙ぐみ、しぶしぶ行ったのも初日だけ。
(やっぱり皆が休んでるのに自分らだけ行くのは、いやみたい)
2日目は、あまりの嫌がりっぷりに夜勤明けの旦那が「もういい、置いてけ」というので、そうちゃんだけ預けて、ふうは寝ている旦那の横で静かに遊んでいたようです。
3日目以降は二人とも置いてくハメに。
必然的に、毎日DVD鑑賞会です。
できればもう、こんなことはいやだなあ・・・



で、その自由保育が終わると同時に、私達夫婦の短い夏休みに突入。

その休みも、つい先日、唐突に

9042.jpg



















とのツルの一声で

有無を言わさず南紀白浜。

2泊3日といっても、実際は車中2泊を入れると4泊3日というハードなスケジュール。


なぜ南紀白浜なのか?あえて今!という疑問にお答えしますと

先日社員旅行で白浜に行った旦那は、白浜で一番大きいホテルに泊まり(全室スイート)、きれいな海に感動し、海にある釣堀でたくさん釣れたのも嬉しかったらしく(釣堀だろ!)、よし!南紀白浜に移住だ!とまたよく分からないことを言い出した。

まるで相手にしない私を納得させるためと、子供らを味方につけるための、今回のプロジェクト。

ま、急にUSJとか行こうと思うと、泊まるところも見つからなそうだし・・・
ただ海で泳ぐってのもいいか。と思っていくことになった。



慌ててETCを買い、カードを作り、

出発は旦那が夜勤から帰ると同時の午前3時。

当然、運転は主に私。


9043.jpg




















運転に自信のある人からすれば、免許持ってりゃ高速にも乗れるのは当たり前なのだが、
私が気楽に乗れるのは長野道・上信越道の話。

カーブの連続の東名阪、高速じゃないのにみんな高速並にとばすし、しかも夜。


生きた心地がしないまま、夜中というのに一瞬の眠気にも襲われず、東の空が白んでくるまで私は10時10分の低位置でハンドルを握っていた。


で・・・着いたのは6~7時くらい。

朝から浜はにぎわって、しかも朝から海に入れるこの暑さ。

名前のとおり真っ白な白い浜!
海だ~!海~!

9044.jpg



















で、夜は海の幸。


市場で買った魚をバーベキューで食べられるというので、
張り切りすぎて鯛をまるごと一匹買った旦那。



9045.jpg















(かが1つ多いそうちゃん)



ちゃんと処理して血抜きもしてもらったのに・・・

新鮮すぎ。

でも周りを見渡しても、鯛一匹まるごと焼いてる家族なんていなかったぞ。
みんな、バーベキュー用のホタテとかエビの串・・・
鯛もさすがに最後の方は飽きてきた。


そんなふうに、泳いで、食べて、寝て、飲んで・・・と
ある意味リゾート的な3日間。

満喫しました。
ただ住むかどうかは、別問題。

旦那は今回も堤防釣りをし、その後休みのたびに海まで行きますが、朝から行っても2~3匹。
釣堀とは違うのだよ。




白浜から帰ってきたその朝から、荷物を解く間もなくパートに出かけ、
寝不足のとれないまま1週間をどうにかやりすごし、
やっと迎えた次の土日は今度は栃木の親戚の家に一泊二日。

「栃木って、こないだと同じくらいの距離かな?」

とねぼけたことをいってた私。

夜中に出たのに、たっぷり8時間。
と、遠え。

しかも、雨の首都高速・・・
事故、いっぱい見ました。
それを避けるのも一苦労。
旦那ですら「首都高はできればもう走りたくない」そうです。


私の担当は、行きも帰りも安全な名古屋ー神奈川くらいまでなのですが・・・

帰りの御殿場からは、激しい雷と豪雨で、かろうじて見えるのはテールランプのみ。
トラックの水しぶきを浴びると、視界は限りなくゼロに近い・・・
風にあおられる車体、とられそうなハンドル、ついには70を割る時速(それでもまだ怖い)。


9046.jpg



















白浜への道のりの比じゃなかった・・・と痛感した私でした。

無事に帰れてよかった。





そして、我が家の夏のイベントが終わり

夏もそろそろ終わろうかというある日、私が仕事から帰ってくると・・・

昼寝をするそうちゃんを、抱え込む旦那。

怪しい。




9047.jpg





















まさか、顔にひどい怪我?















9048.jpg























!!

かくして、この後、人生初の五厘にされたそうちゃんであった。




何をどう間違えたら、ああなる?



 

以上、夏の思い出でした。

 

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うわあ
あたしは運転もしないし(免許ない)
殆ど夫に“有無もいわさず”的なことさせないし(むしろあたしが言う)

ああ、ふーちんの夏はこんなふうだったのね、
ってあくまでもふーちんの夏として読んでたんだけど、

最後のバリカンミスで痛恨の同情。
つまり経験あり。ミスって3ミリみたいな。

面白い夏・・・いや、楽しい夏で、よかったね
Richard won URL 2008/09/10(Wed)20:56:23 編集
Re:うわあ
また、時間差がありすぎて
ふーちん にとっさに反応できなかった私。

バリカンミスはあとから読んだら、けっこうタイムリーな話題だったことに小さな喜び。シンクロ?

そうちゃんをボウズにしたあと、ふうも刈ろうとしたらボウズにされることをおびえて激しく拒否されました。
失敗したのが2歳児でよかった。本人は「そうちゃんぼうじゅなの」と喜んでいます。ゼッペキは健在だけど案外似合ってるぞ。
【2008/09/12 23:32】
無題
ふはははは
笑った~~
そして絵がうまくなってる・・・・ヽ(゚Д゚;)ノ!!
車の絵がわかい~~ですお
だんなさんはほんとにこういう髪型なのかな・・・・?(←小声)
しかし働くかーさんてのは大変だね。
海が楽しかったようでなによりです。
sakku URL 2008/09/18(Thu)23:46:39 編集
Re:無題
絵がうまくなってる??ウッソ~!
どこが?どのへんが?教えて先生!教えて!ニャンコ先生!

旦那がほんとにこういう髪型なのか とのご質問ですが
今気づいたけど、今はボウズだから境界線はあいまいだけど・・・
伸ばしたらこんな感じになるかも。
昔よりボウズ流行ってくれて、いい時代になったよなあ。
【2008/09/26 14:23】
<< 画伯の作品 HOME ウザかわ >>
プロフィール
HN:
ふう子
性別:
女性
自己紹介:
育児にまつわる絵日記を、合間に単なる日記でつなぎつつ、月5回の更新を自らにノルマとして課す、虫の息ブログです。
生かさず殺さずのこのペースを守りつつ、応援よろしくお願いします。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア




人気ブログランキング


バナーの会 会長ブログ
最新コメント
[07/20 まるる]
[07/20 まるる]
[05/28 もくれん]
[05/25 ゆうこ]
[05/24 yasu]
[10/07 まるる]
[09/18 まるる]
[09/08 まるる]
[08/10 pukupuku]
[08/09 りちゃ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]